ビーンズビーンズのゲームの時間

文系大学生ビーンズのゲームライフ。ゲームレビューやニュースをつらつらつら。

MENU

【レビュー】『いかちゃん』

いかちゃん | ニンテンドー3DS | 任天堂

f:id:monster25:20170726013111j:plain

はじめに

『いかちゃん』はピッキーより2016年11月にニンテンドー3DSで配信開始されたアクションゲームです。同名のPCフリーソフトの移植であり、製作した開発室Pixelはのちにインディーズの傑作である『洞窟物語』を生み出しました。

ちなみに私は同じ作者の『洞窟物語』はプレイ済みです。

ゲーム内容

f:id:monster25:20170726013112j:plain
プレイヤーは「いか」となって深海を探検し、様々な問題を解決して行きます。
操作するキャラは記憶を失っており、様々なキャラクターと交流することで徐々に自分の立場や状況を理解していきます。戦闘や成長要素も一応ありますが、非常に簡易的なものです。
プレイ時間は1時間程度と、大変短いです。

レビュー

良かった点

シナリオ

記憶を失った主人公が徐々に自分の使命を思い出していくという大筋は既視感があるものですが、そこは製作者である??氏の独自のアレンジが加えられており、ありがち感はあまり感じません。

どこか投げやりなキャラクター

どのキャラも個性があるため、会話が面白いです。残念ながら内容は明るくないですが、どれも状況に沿ったものなので世界観の解釈につながります。

いかっぽい操作性

プレイヤーはいかであるため、水中をホバリングしながら移動します。正直なところ思った通りに移動できないためストレスが溜まることもありますが、主人公の特性を考えると忠実な再現と考えられそうです。

まとめ

私は非常に満足できました。1時間程度で終わりますが、逆にそんな短時間で一つの作品を楽しめるという考えでプレイすれば満足できそうです。『洞窟物語』のルーツとなる作品として、『洞窟物語』に合うか合わないかの判定もできる気がしますね。

点数:70点

【レビュー】『レイトン教授と超文明Aの遺産』

レイトン教授と超文明Aの遺産

はじめに

レイトン教授と超文明Aの遺産』はレベルファイブより2013年?月にニンテンドー3DSで発売されたアドベンチャーゲームです。『レイトン教授』シリーズ第6作目にあたり、超文明の謎を解き明かすべくレイトン教授が世界中を旅します。

ちなみに私は『レイトン教授』シリーズは過去の本編をすべてプレイ済みです。

ゲーム内容

謎解きパズルを多数収録した推理アドベンチャーです。
レイトン教授とその仲間たちが古代文明の謎を解くべく世界中を飛び回ります。

収録されているナゾは570問と過去最大であり、またシリーズ恒例の寄り道要素としてファッションコーディネートなどのパズルも用意されています。また
ゲーム開始時には毎回「前回までにあらすじ」を表示してくれたり、作中の未解決の課題を「深まるナゾ」として記録、随時更新してくれたりとユーザーがプレイしやすい配慮が随所に織り込まれています。ここらへんは過去のシリーズ作の長所をそのまま受け継いでいますね。

レビュー

良かった点

よく動くグラフィック

3D化されたキャラクターの動きも良いですが、特に背景の作り込みが素晴らしいです。例えば動物をタッチすることで移動したり、パンをタッチすることで齧られて減っていったりとついついタッチしたくなります。

豊富なミニゲームと収集要素

レイトン教授』シリーズでおなじみの収集要素は本作でも健在です。シナリオを進めることで、道中のナゾのみならず、女性キャラクターの要望に応えるファッションコーディネートや庭に花を咲かせるパズルを楽しむことができます。

世界を飛び回るスケールの大きさ

過去作と比較してもスケールが大きく、途中で重要なキーアイテムを求めて世界中を飛び回るパートでは、奇妙な儀式のある部族の村へ行ったり、開放的なビーチ沿いの街に行ったりと舞台が多彩で、まるで本当に旅行しているかのような感覚になります。『キングダムハーツ』のワールドみたいな形式ですね。それぞれの場所で発生しているナゾの真相を解決していくわけですが、その真相もワンパターンじゃなかったのが良かったですね。

気になった点

「ナゾ」の問題文がわかりづらい

過去作でもあった問題点ではありましたが、それと比較しても本作はナゾの問題文が長い上に複雑で、一度読んだだけでは内容が把握できない謎が多いです。問題文が謎って感じですね。操作説明はナゾごとに用意されているので、操作自体に困ることはありません。

シナリオ上の「ナゾ」がパズルばかり

過去作で収録されているナゾは論理問題であったり計算問題であったりとバリエーション豊かでしたが、本作ではパズルの割合が高く、少々バランスが悪いです。特にシナリオの進行上で解かなければいけない謎がほとんどパズルであり、「またパズルか」というようにマンネリを感じます。

まとめ

レイトン教授』第二シリーズ最終作として、かつてないスケールと過去最大のボリュームが楽しめます。ただし、精査しきれていないせいか、肝心のナゾがパズルばかりだったり、問題文がわかりにくかったりはしますが、それでもこれまでのシリーズファンや、初プレイの方であっても楽しめる作品だと思います。


レビュー:70点

レイトン教授と超文明Aの遺産 - 3DS

レイトン教授と超文明Aの遺産 - 3DS

【ノウハウ】3DSでもプレイ可能!ニンテンドーDSでオススメのゲーム6本

はじめに

2004年に発売され、大ヒットしたニンテンドーDS。そのDSソフトのほとんどは後方互換のあるニンテンドー3DSでもプレイできます。最近はDSソフトの値崩れが激しいので、DSの良作の数々を安価で購入できたりします。

そこで、私がプレイした中から、ニンテンドー3DSでもプレイできるニンテンドーDSのオススメのゲームを6本選んでみました。随時更新していく所存です。

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』(任天堂 2007年)

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

ニンテンドーDSで展開された、『ゼルダの伝説』シリーズ第1作です。トゥーンリンクが船に乗って、謎が秘められた島々を回るアクションアドベンチャーです。

ニンテンドーDSのタッチパネルを活用することで、『ゼルダの伝説』シリーズのメインとも言える謎解きの幅が広がりました。また船に乗って移動することで、新たな島々を開拓していくというストーリーもワクワクします。単体として綺麗にまとまっており、難易度もそこまで高くないので、どなたにでもお勧めできるかと思います。続編として『ゼルダの伝説 大地の汽笛』くらい?)

ドラゴンクエスト星空の守り人』(スクウェア・エニックス 2009年)

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

ドラゴンクエスト』シリーズ本編第9作です。携帯ゲーム機で初めて発売された『ドラクエ』本編であり、すれちがい通信や着せ替え機能などハードに合わせたシステムが導入されています。

旅のサポートキャラクターがギャルだったりクリア時間に比してシナリオが薄かったりと、『ドラクエ』本編らしからぬ要素が賛否を呼びましたが、RPGとしてみれば十分に遊べる作品です。『ドラクエ10』というMMORPGは発売されていますが、そのプロトタイプとしてプレイしてみると、より楽しめるかもしれません。

レイトン教授と不思議な町』(レベルファイブ 2007年)

レイトン教授と不思議な町(特典無し)

レイトン教授と不思議な町(特典無し)

レイトン教授と不思議な町 フレンドリー版

レイトン教授と不思議な町 フレンドリー版


レイトン教授』シリーズ本編第1作です。脳トレブームの真っ只中に、パズルを推したゲーム内容や人気俳優/女優を声優として起用、高品質なアニメーションなどレベルファイブの日野社長のマーケティング力がこれでもかというくらい発揮された作品です。

推理アドベンチャーに発売当時ブームであった謎解きパズルを追加することで、プレイがより刺激あるものになりました。また謎解きパズル自体もよく練られたものであり、数はそこまで多くは無いにしろ「捻りがない」ような解きごたえの無い謎は少ないです。またシナリオもツッコミどころはあれど意外性はあり、クリア時の満足度は高いです

ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』(バンダイナムコゲームス 2009年)

テレビ番組『ゲームセンターCX』のゲーム派生作『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』シリーズ第2作目です。ゲーム芸人有野課長の幼少期にタイムスリップして、どこかでみたことがあるようなレトロゲームのパロディを時系列に沿ってプレイしていきます。

レトロゲームの作り込みが素晴らしいです。どのゲームもいくつかのファミコンスーパーファミコン時代の作品をミックスさせたような見覚えのある作品ですが、それに本ゲームならではの独自要素を追加することで単体でも十分に遊びごたえのある作品に仕上げています。
さらに裏技やゲーム開発者のインタビューが載っているゲーム雑誌だったり、ゲームセンターがあったりと1980年代のゲーム史を追体験できるゲームとなっています。

燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2』(任天堂 2007年)

燃えろ!熱血リズム魂 押忍! 闘え! 応援団2

燃えろ!熱血リズム魂 押忍! 闘え! 応援団2

押忍!闘え!応援団』シリーズ本編第2作です。プレイヤーは応援団として、町の悩める人々を”応援”して助けていきます。

タッチパネルに表示されるノーツをタッチしていくという、スマートデバイス向けのリズムゲームの先駆けのような作品です。今からみると、リズムゲームのシステムとしてはそう新しいものではありませんが、それでもヒットしたJ-POPをリズムゲームとしてプレイできたり、濃い応援団の面々による熱いシナリオは他のリズムゲームにはない独自性があります。

メテオス』(バンダイ 2005年)

メテオス

メテオス

メテオス ディズニー・マジック

メテオス ディズニー・マジック

星のカービィ』シリーズで有名な桜井政博さんがゲームデザインを担当したパズルゲームです。自分の惑星に積み上がっていく隕石「メテオ」を排除すべく、同種のメテオをそろえ続けて打ち上げ、惑星の滅亡を阻止します。

下画面のタッチ画面でブロックを入れ替え、上画面に発射していくというシステムは惑星間の争いというテーマにも合っていますし、ニンテンドーDSのデバイスをうまく活かしているなぁとただ感心するばかりです。他のデバイスだとここまでの親和性は体験できないんじゃないでしょうか。中古であればワンコインで買えますので、新しいパズルゲームをプレイしたい方にオススメです。

まとめ

ニンテンドーDSの名作はたくさんあるので、ここにあげた作品のみならずぜひプレイしてみてください。私自身、こうして過去にプレイしてみたゲームを振り返ることができ楽しかったです。思い出し次第追加していきたいですね。

【レビュー】『リズム天国 ザ・ベスト+』

f:id:monster25:20170726013114j:plain

リズム天国 ザ・ベスト+

はじめに

リズム天国 ザ・ベスト+』は任天堂より2015年6月にニンテンドー3DSで発売されたリズムゲームです。『リズム天国』シリーズ第4作目であり、これまでのシリーズのリズムゲームを多く収録したベスト版のような作品となっています。

ちなみに私はシリーズ2作目『リズム天国 ゴールド』をプレイ済みです。

ゲーム内容

f:id:monster25:20170726013118j:plain
1〜2分程度で終わるリズムゲームが40種類程度収録されています。
本作は過去作の収録ゲーム+新作ゲームで構成されており、さらに過去作の派生版も多数収録されています。本作では新たにシナリオが追加され、初心者の方でもゲームの導入がスムーズになっています。
f:id:monster25:20170726013105j:plain
またシリーズ恒例のおまけ要素として、餌を食べさせてヤギを育てるピンボールのようなミニゲームやや条件に沿ってリズムゲームをクリアしていくチャレンジランドといったモードが収録されています。

レビュー

良かった点

過去のシリーズに収録されているリズムゲームがまとめて楽しめる

f:id:monster25:20170726013119j:plain
ハード毎にでている過去のシリーズ作を今からプレイし直すのは大変なので、こうして3DSでまとめて楽しめるのは嬉しいですね。それぞれアレンジされているので、過去作でプレイ済みだったとしてもまた新鮮な気持ちで楽しめます。「レスラー会見」や「忍者」などをプレイできて嬉しかったです。

判定がよりわかりやすくなった

下画面でタイミングの判定が即座に表示されるので、より判定の把握がしやすくなりました。これまでは早いのか遅いのかよくわからず修正が難しかったので助かります。なお、この機能はオフにすることもできます。

どうしてもクリアできない場合の救済措置

リズムゲームによっては相性が悪く何度やってもクリアできないものがあったりしますが、その場合にスキップ扱いにして次のステージに進めるようにしてくれます。私の場合、前作から「ウラオモテ」が本当に苦手でてこずるのですが、この措置でなんとか先に進めました。前作でもスキップ措置はあったのですが、後半のステージでは対象外のものがあって苦しんだ覚えがあります。

気になった点

シナリオのテンポが悪い

シナリオが追加され、世界観を知ることができるようになったのは良いのですが、リズムゲームの合間合間にいちいち挟まれるので、これまでのようにリズムゲームだけをひたすらプレイしたいプレイヤーからするとストレスが溜まります。ステージの最初と最後に挟むくらいでちょうどよかった気はしますね。

似たようなリズムゲームが複数ある

「ダンス物」など似通ったテーマのリズムゲームが散見されます。もちろん操作やキャラクターは違いますが、「同じようなやつをやったなぁ」なんて少々残念感じます。

まとめ

過去作を全くやったことがなければ、手軽にできる音楽ゲームとして満足できると思います。プレイ済みだとテンポや収録内容にちょっと不満がある可能性はありますが、それでも十分楽しめると思います。

点数:70点

リズム天国 ザ・ベスト+ - 3DS

リズム天国 ザ・ベスト+ - 3DS

【攻略】『みんなで!カービィハンターズZ』初心者が最初にやっておきたい攻略のコツ4つ

f:id:monster25:20170726013116j:plain

みんなで!カービィハンターズZ | ニンテンドー3DS | 任天堂

はじめに

『みんなで!カービィハンターズZ』は基本プレイ無料ソフトですが、本編のミニゲームの派生作ということもあってか無料とは思えないほどの完成度です。しかし、この手のソフトにありがちなスタミナゲージや溜まりにくい課金アイテムが存在するため、どうしてもゲージが溜まる待ち時間や課金アイテムにストレスが溜まりがちです。


そこで、本記事で本作をスムーズにプレイできるよう、攻略のコツを4つご紹介いたします。

前提:ジェムリンゴは節約しよう

本作で一番重要なのはジェムリンゴです。序盤はあまり意識しないかもしれませんが、後半はとにかくジェムリンゴが足りなくなります。そのため、ジェムリンゴは無駄遣いしないようにしましょう。

コツ①:あいことばを入力しまくる

f:id:monster25:20170726013116j:plain
まずはあいことばを入力して、各種かけらやジェムリンゴを入手しましょう。序盤ではアイテムの使い所がほとんどなく余ってしまいがちですが、進行につれて間違いなく足りなくなります。


あいことばは公式サイトやゲーム雑誌の付録として入手できますが、攻略サイトには一覧でまとめられているので、早く知りたければ攻略サイトを閲覧しましょう。ちなみに、あいことばの一部には有効期限があるため、できるかぎり早めに取り組みましょう。

コツ②:「さすらいのたびびと」を毎日呼ぶ

f:id:monster25:20170726013117j:plain
本作では一日に一回インターネットに接続することで、無償で他のプレイヤーのカービィを3体呼ぶことができます(ジェムリンゴを消費すれば何度も呼ぶことができます)。よぶことで各種かけらを入手できたりやCOMよりも少しレベルの高いカービィに助けを求めることができるので、忘れずに取り組みましょう。


ちなみにすれちがい通信をすることで他のプレイヤーのカービィを連れてくることができるので、こちらも登録しておきましょう。すれ違い通信で連れてくるカービィはインターネット接続のカービィとは違って自分のカービィによるレベルの制限がないため、最高レベルのカービィを呼ぶことも可能です。ただし、実際のところ、本作をプレイしている人はそこまで多くないようで、すれちがい通信をすればたくさんカービィを集まるというわけではないです。

コツ③:「やるきアップの書 1巻」を買う

少なくとも「やるきアップの書 1巻」は買っておいた方がプレイがスムーズにいきます。ジェムリンゴを消費することにはなりますが、本作のスタミナゲージである「やるき」の回復時間を短縮できるため、よりプレイがしやすくなります。それ以上短縮するかはプレイヤー次第です。


ちなみに各種かけらについてもサポートの書を買うことで入手数を増やすことができますが、こちらは後半たくさん余ることになるので、あまり必要性は感じないです。「1巻」だけだったら買っといてもいいかもしれません。


ただもしスムーズにクリアしたいのであれば、最初の段階で課金してジェムリンゴ買っちゃって「やるきアップの書」をさいごまで買ってしまっても良い気はします。ジェムリンゴ500個購入、すなわち600円(初回購入時のみ)支払うことでスタミナゲージの回復時間を7分から1分にまで短縮できるのでプレイでストレスを感じることはほとんどなくなりますし、ジェムリンゴの木から収穫できるジェムリンゴを約三倍(5個から14個)に増やせます。600円でこのソフトを買ったと考えれば、まあ納得できるかなと。

コツ④:クエスト時間延長は多くても1回

時間内に敵を倒せない場合にジェムリンゴを消費してクエスト時間を延長することができますが、この回数は多くても一度までにしましょう。実際のところ本作でクエストを延長する必要はほぼなく、仮に多少の延長すれば倒せる敵であれば、もう一度パーティを見直して再挑戦すれば時間内に倒せると思います。


また「もう少しでたおせそうだ」という表示がでない段階でタイムアップを迎えた場合は、クエスト延長したとしても倒せない場合が多いので、延長はせずレベルアップに勤しんだ方が賢明です。

まとめ

とにかくジェムリンゴの使い道はよく考えましょう。ジェムリンゴの使い方でプレイ時間が大きく変化するので、序盤で上手に使い、プレイ効率を上昇させましょう。

【レビュー】『ハゲタカのえじき』

はじめに

『ハゲタカのえじき』は1988年にラベンスバーガーより発売されたカードゲームです。日本では現在メビウスゲームズより発売されています。

ゲーム内容

プレイ時間:15分程度(目安)
プレイ人数:2〜6人

各プレイヤーが手札の数字カードを使って、ハゲタカカードを取り合います。

ターン毎に各プレイヤーは手札から任意の数字カードを場に伏せます。全員が出し終わったら一斉にオープンし、その中で一番高い数字カードを出したプレイヤーが場の中央にあるハゲタカカードをとることができます。このハゲタカカードには点数が書いてあり、最終的にこの点数の合計が一番高いプレイヤーが勝者となります。ただし、ハゲタカカードがマイナスの点数である場合には、逆に場に一番低い数字カードを出したプレイヤーがそのマイナス点のハゲタカカードをとることになります。
また特徴的なルールとして、バッティングがあります。もし一番高い数字カードを出したプレイヤーが複数いた場合には、双方とることができず、その次に高い数字を出したプレイヤーがそのハゲタカカードをとることになります。マイナス点の場合には逆になります。

レビュー

良かった点

「バッティング」による盛り上がり

たとえ場の中で高い数字を出していても、他の人と被ってしまえば、二人ともポイントが獲得ができないというルールはかなり理不尽に思えますが、これによって相手の出すカードを予測し、その上で自分のカードを選ぶ駆け引きが生まれます。必ずしも、一番高いカードを出せばポイントが稼げると言う訳ではないのです。また意図したバッティングのみならず、意図しないバッティングが発生すると盛り上がりますね。

シンプルなルール

各々の戦略はもちろんあるとは思いますが、ルール自体は非常にシンプルです。すなわち、「高い数字を出した人がその場のハゲタカカードをとることができる(マイナス点の場合は逆ですが)」ことさえ覚えておけばプレイできます。初心者経験者問わずに楽しめるのがいいところです。

コンポーネントの管理がしやすい

使用するのが15枚のハゲタカカードと各プレイヤー人数分の数字カードのみなので、プレイの準備をする際は数字カードのセットを渡せばよいだけですし、プレイ中に自分の数字カードが他のプレイヤーのカードと混ざったりシャッフルをする必要もないので、すぐに次のプレイに進めます。

おわりに

私の感覚ですが、このゲームは3人でプレイする時が一番盛り上がる気がします。他の二人にバッティングをさせて自分が漁夫の利を得る、という戦術が当たった時がアツいですね。結構3人でも十分に楽しめるゲームって少ないと思うので、少人数であってもぜひプレイしてみてください。

点数:80点

カードゲーム ハゲタカのえじき 日本語版

カードゲーム ハゲタカのえじき 日本語版

【ITスキル】検索スピードUP!!すぐマスターすべきショートカット6つ(基本編)

f:id:monster25:20170618231924j:plain

はじめに

PCを使う上で便利なショートカットをご紹介します。ゲームプレイには直接関係しませんが、攻略情報を調べる際に有益だと思いますので、ぜひご一読くださいませ。

注意点

ブラウザ毎、またOS毎(Windows/Mac)で対応しているものとそうでないものがあります。
一応今回紹介させていただくものは、どのブラウザやOSでも使えるものだと思いますが、使えないければご指摘ください。

「Ctrl+T」(Command+T)新しいタブをひらく

新しいタブを開きます。現在開いているページを維持しつつ、新しく調べごとをしたいときに使いましょう。

ちなみに「Ctrl+Shift+T」(Command+Shift+T)を押すと、最後に閉じたタブを復元することができます。間違って消してしまった時に便利です。

「Ctrl+Z」(Command+Z):やり直し

作業をやり直したい時に使えます。右クリックでは選択できません。「ミスったかも?」って思ったら即座に押す癖をつけたほうがいいです。大抵解決します。

「Ctrl+C」(Command+C):

ページの文章をコピーして、そのまま検索したい時に使えます。右クリックからでも同じ動作はできますが、ショートカットの方が早いです。

「Ctrl+V」(Command+V):貼り付け

コピーした文章を検索窓に貼り付ける時に使えます。右クリックからでも同じ動作はできますが、ショートカットの方が早いです。

「F5」

ページを更新します。攻略wikiのコメント欄を更新したい時に使うと効果的です。ただし、回数が多いとサイトに負荷を与えてしまうので、押し過ぎは禁物です。

「F7」

入力した文字をカタカナに変えます。「るじあーたすとーりーず」もF7と押せば即座にカタカナに変換できます。かなり便利なので、オススメです。

おわりに

ショートカットを使うのとそうでないのとではスピードが多く異なってきます。是非活用してみてください。僕も今回調べてみて、知らないショートカットに巡り会えたりしたので良かったです。

【攻略】『はねろ!コイキング』で早くリーグ制覇したい方への攻略のコツまとめ

f:id:monster25:20170528201242j:plain

はじめに

『はねろ!コイキング』を配信日からプレイし続けてもう1月弱経ち、ようやくリーグ制覇しました。まだエキストラリーグは残っていますが、ようやくひと段落です。長かった…。

さて今回育成をする上で、重要だと思ったポイントについてまとめてみます。ぜひこの記事の方針に沿ってプレイしてみていただけると、ゲームクリアにだいぶ近づくと思います。効率的に攻略をする上でのポイントって感じです。

また、ゲームプレイにおける小技を以下の記事にまとめていますので、合わせてご参照くださいませ。

ilovebunkei.hateblo.jp

大前提:いかに育成効率をあげるか

このゲームの肝は、いかにコイキングの育成効率をあげるかです。
このためには、コインやダイヤを投資して、プレイ中に得られるCPを高めていくことが重要です。コインやダイヤをただ貯めるだけでは、コイキングの成長には繋がらないため、どんどん投資しましょう。

コツ①:たまったコインは「たべもの」に投資

f:id:monster25:20170618050408j:plain

たまったコインは残さず丸ごと「たべもの」に投資しましょう。25レベルごと上がる毎にたべものからもらえるCPが大幅に増加するので、まずはそれぞれのたべものでレベル25を目指しましょう。ちなみにレベル25に達するごとにポケドロップも追加でもらえます。

ここで「とっくん」に投資しない理由は、とっくんの回数&時間が限られておりますし、また投資しているとっくんが発生する確率もそれほど高くないため、たべものに比べると少しCPを稼ぎ辛いためです。ただし、たべものに一通り投資し終わった後であれば、とっくんに投資しても良いと思います。

コツ②:ダイヤの使い道は吟味しよう

f:id:monster25:20170618050409j:plain

コインはどんどん使おうと上に書きましたが、ダイヤの使い道はよく考えましょう。新しいアイテムが欲しいというだけで、少ないダイヤで入手できるデコレーションやなかよしグッズを買ってしまってあとから後悔する、なんて事態にはならないようにしましょう。実際、少ないダイヤですぐに交換できるものは効果もあまり高くない場合がほとんどです。

デコレーションでは特にランプラーランプ」「ナッシーツリー」「シェイミそう」あたりは必要なダイヤが少ない割に効果を発揮させやすいのでおすすめです。
また、なかよしグッズであれば「みどりのプレート」「しずくプレート」「しめったいわ」あたりがおすすめです。

ちなみに、私の場合効率的かどうかは微妙ですが、ランダムイベントを早く埋めたかったので、イベントに関係のあるなかよしグッズを先に集めていました。

コツ③:リーグ戦にはどんどん挑戦

リーグ戦にはどんどん挑戦しましょう。負けても構いません。リーグポイントがたまり次第挑戦しましょう。

ここで、「育成し終わったらどうせリーグ戦に挑戦することになるし、育成途中いちいち挑戦するのはめんどくさくない?」なんて考えられるかもしれません。しかし、リーグ戦のたびにコインがもらえることと、ランダムイベント発生のチャンスを作ることができるため、CPをより稼げるようになります。

コツ④:ランダムイベントをたくさん発生させる

ランダムイベントは基本的に有益なので、たくさん発生させることを意識しましょう。ランダムイベントはとっくんやリーグ戦への挑戦後に発生します。またイベント図鑑を埋めるためにも、とにかくチャンスを増やすことが重要です。

ただし、イベント中の選択肢によってはコイキングを意図せず引退させていまうので注意です。

おわりに

無課金だと、結構絶え間なくプレイし続けてもリーグ制覇まで一ヶ月くらいかかります。この記事がプレイの助けになれば幸いです。

はねろ!コイキング

はねろ!コイキング

  • The Pokemon Company
  • ゲーム
  • 無料

【レビュー】 『はねろ!コイキング』

f:id:monster25:20170528201242j:plain

はじめに

『はねろ!コイキング』は任天堂より2017年5月にスマートデバイスで配信開始された育成ゲームです。大人気RPGシリーズ『ポケットモンスター』シリーズに登場するモンスター「コイキング」を育成してはねる力を上げ、並み相手を倒してリーグ制覇を目指します。

ちなみに、僕は『ポケットモンスター』シリーズを『BW』までは毎作プレイしていましたが、直近の作品はプレイしてません。

ゲーム内容

ポケモン』シリーズに登場するコイキングを育成して、はねる力(CP)を上げ、リーグに挑戦していきます。
f:id:monster25:20170528201238j:plain
f:id:monster25:20170528201239j:plain
コイキングは普段いけすの中におり、そこで「たべもの」を与えるか、トレーニングである「とっくん」をすることでCPをあげることができます。たべものやとっくんにも種類やレベルがあり、これはトレーナーランクをあげることで解放されていきます。

このようにして育てたコイキングは、リーグに挑戦して勝ちすすめます。勝負方式は非常にシンプルで、相手トレーナーのコイキングよりも自分のコイキングのCPが高ければ勝ちです。プレイヤーは勝負開始のボタンを押して、その様子を見守るだけです。全8リーグを制覇していきましょう。

レビュー

良かった点

溢れ出るコイキング

本編ではある意味「愛すべき最弱キャラ」であったコイキングを主役として単体でゲームが配信されたことそれ自体が感慨深いですが、本作もそんなコイキングの良さが存分に発揮されています。
そもそも本作のコイキングは「はねる」以外のことはできません(笑)。ポケモンバトルができるわけでもなく、進化させるわけでもなく、ひたすらはねる力を上げるゲームです。ただし、その分コイキングのダメっぷりを愛しつつも、健気に頑張るその姿に心が打たれます。

世代交代して強化していくシステム

f:id:monster25:20170528201237j:plain

本作の良いところは、世代交代を組み込んでいるところです。
一体のコイキングを育て続けるのではなく強制的に引退させて次の新しいコイキングを一から育て上げる、というのはちょっと寂しい気持ちもしていましたが、プレイしていく内に慣れますね。むしろメリハリができてちょうど良い感じです。

ランダムイベントの発生

f:id:monster25:20170528201241j:plain

とっくんやリーグに挑戦した後にランダムイベントが発生し、その内容に応じてCPやコインがもらえます。
たべものやとっくんだけではゲームプレイが単調になりがちな中、このランダムイベントが良いアクセントとなっています。

気になった点

アクションに時間がかかる

演出などは丁寧に作られているのですが、その分画面遷移が遅いです。また、「とっくん」などの演出がほとんどスキップできないため、何度も見た内容なのにいちいち画面をタッチしなければならず、手間がかかります。

勝負があっけない

はねる力を競う、という内容自体は良いのですが、勝負中にプレイヤーが行うことはただ勝負開始のボタンをタッチするだけであり、ちょっと物足りなさを感じます。ちょっとしたミニゲームを挟んでその成果次第でコイキングのはね具合が変わる、なんて方式だったらもっと面白かったかもしれませんね。

まとめ

丁寧に作られており、コイキングにフューチャーしたファンアイテムとしてはよくできています。ただし、育成ゲームとしてみると少々単調であり、『ポケモン』シリーズへの愛着が無いと厳しい気がしますね。自分の中のコイキング愛を育てるゲームとして楽しめば吉でしょう。

点数:60点

はねろ!コイキング

はねろ!コイキング

  • The Pokemon Company
  • ゲーム
  • 無料

【攻略】 『はねろ!コイキング』初心者が今すぐやっておきたい簡単な小技3つ

『はねろ!コイキング』のちょっとしたテクニック集です。みなさんのプレイの助けになればと思います。

f:id:monster25:20170528201242j:plain

はじめに

先日任天堂より配信開始された『はねろ!コイキング』にはまっています。ただ、始めた当初は『ポケモンGO』みたいにブームになるかと思って他の人に負けないよう熱心にプレイしていましたが、思ったよりやってる人が少なくてなんか寂しいです。
そこで、この記事で『はねコイ』のプレイヤーが少しでも増えればと思います。

また、以下の記事で効率的な育成のコツをまとめていますので、ぜひご覧くださいませ。

ilovebunkei.hateblo.jp

コツ①:「SNS共有回数」をMAXにする

f:id:monster25:20170604003044j:plain

アチーブメントの項目にある「SNS共有回数」を達成してMAXにしましょう。本ゲームを合計100回どこかしらにシェアすることで、ダイヤを合計25個獲得できます。結構ダイヤは入手しづらいので、このアチーブメントを暇な時間にクリアすることで稼ぎましょう。
ちなみに、アチーブメントの項目である「合計達成数に応じてダイヤをゲット!」の回数も同時に達成できます。

f:id:monster25:20170604003047j:plain

私がオススメするやり方は、お持ちのスマートフォンのメモ帳アプリにシェアをすることです。
本ゲームでは、「シェア」をするアプリの対象としてメモ帳も選ぶことができるので、何もTwitterやFacebookといったSNSを使わなくても回数を重ねることができます。まあTwitterで適当な新規アカウントを取得して、そちらにシェアする、という方法でも良いと思います。。

コツ②:コイキングのレベルMAX直前には絶対リーグ戦に挑んでおく

f:id:monster25:20170604003049j:plain

コイキングのレベルがMAXになると強制でリーグ戦に挑戦することになりま
す。そこで、レベルがMAXになりそうだな〜というような時には、あらかじめリーグ戦に挑んでおきましょう。そこで、仮に負けたとしてもコインはいくらかもらえますし、直後にレベルMAXにすれば再度リーグ戦に挑むことができます。コインが一回分多くもらえるというテクニックですね。

あと余談ですが、就寝前にもリーグ戦には挑戦しておくと良いと思います。負けてもリーグポイントのチャージ時間を待つストレスが無いです。

コツ③:特殊なランダムイベントを序盤で解放しておく

ランダムイベントには、「とっくん」後やリーグ挑戦後に発生するものの他に、特定の条件を満たさなければ発生しないものがあります。これはリーグクリアやタイミングは関係なく、任意のタイミングで起こせます。この特殊なランダムイベントについては、今後攻略を進めていく上ではどこかしらで発生させなければいけないものであるため、もしネタバレが気にならないようであれば、序盤で解放してしまって良いと思います。解放することでアチーブメントにあるイベントコンプリートに近づきますし、一定のコインも入手できます(ただし、コイキングが引退する場合もあるので、その点はご注意ください)

ちなみに、この特殊なランダムイベントを自力で全て見つけようとするのは結構骨が折れる作業だと思いますので、差し出がましいかもしれませんがどこかで見切りをつけることは重要だと思います。

おわりに

このゲームは結局、「いかにして効率よくCPを集めるか」に尽きます。コイキングマスターを目指して、効率よくレベルアップさせていきましょう。

ちなみに、ゲーム内でちゃんと説明されてないことが公式サイトの「よくあるご質問」の項目に載ってたりします。ぜひ一度読んでおくといいかもしれません。
www.apppokemon.com

はねろ!コイキング

はねろ!コイキング

  • The Pokemon Company
  • ゲーム
  • 無料